MIASA  from/to  LAOS
いろいろな国、いろいろな価値観。そこで体験する感謝。一人や一つの国ではつまらない。
いろいろな人々と一緒に困難を楽しみ、新しい何かを生み出していきたい。
そんな想いがヒョンナ事からインドシナの国、ラオスの人々と始まりました。


ミアザショップ


製品市場

素材市場


知的市場
が語るラオス」は
「日本図書館協会選定図書」です。

染織ワークショップ

メルマガ
from MIASA
更新日
09/13 2021
イベント




ミアザ紹介

ラオス紹介


仲間リンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆    
お知らせ From MIASA
(
210630号, Vol +479)    ☆☆☆☆ 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+       これはミアザのメンバーに送信する            +
+         不定期発行のお知らせです。               +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
メンバーの皆様、
さて、久しぶりの今回のお知らせ、下記の3点です。
1.「カンタ——母からの贈り物」 ~ 11/6
2.「布 うつくしき日本の手仕事」~9/20
3.「野生の手仕事と知恵」 9/10~11/7
 
思い浮かぶのは、ロシアの入れ子の人形。
自民総裁選の顔ぶれの事デス。
 
可愛い人形に、失礼デス?!
それでは、
どこを切って同じの金太郎あめでは?
美味しい飴に、失礼ダ!!
 
そんなわけで、例えは、諦めマス。
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「カンタ——母からの贈り物」 ~ 11/6
インド・ベンガル州でつくられたカンタの作品展です。
 
●「カンタ——母からの贈り物」
・7月29日(木)- 11月6日(土)木−土曜10:00-17:00
・岩立フォークテキスタイルミュージアム 東京都目黒区自由が丘1-25-13岩立ビル3F
・入館料 500円
・ http://www.iwatate-hiroko.com/index.html
随時最新情報のご確認をお願いいたします。
 
かつてのベンガル州で作られたカンタは、使い古しの白木綿を4、5枚重ね、農作業や日常の暮しの合間に
コツコツと刺されて仕上がった廃物利用のキルトです。
只のボロ布が母の手で清められ再びよみがえった布です。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「布 うつくしき日本の手仕事」~9/20
終了が近い、草木を素材とした布の貴重な展示会。是非、どうぞ。
 
●「うつくしき日本の手仕事」
・7月17日 (土) ~9月20日 (月)9:00~16:30、月曜休館
・横浜市歴史博物館 横浜市都筑区中川中央1-18-1
・一般 1000円
・ https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
 
人々が日常のくらしで着る衣服は、江戸時代以降は木綿が、それ以前は様々な草や木が素材でした。
日本で伝統的に使われてきた草木を素材とした布と、主に東北地方で用いられた刺子や型染、また裂織(さきおり)などに注目し、
うつくしく、こまやかな手仕事の世界を紹介します。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「野生の手仕事と知恵」 9/10~11/7
南米 アマゾン川流域の先住民を中心に、道具から生物まで、幅広い分野にわたる展示会です。
 
●「野生の手仕事と知恵」
・9月10日(金) ~11月7日(日) 10:00-21:00
・ATELIER MUJI GINZA東京都中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F
・入場無料
・ https://atelier.muji.com/jp/exhibition/3759/
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆ 
前号: お知らせ From MIASA (210630号, Vol +479) ☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メンバーの皆様、
 
さて、今回のお知らせは下記の10点です。
ホンニ久しぶりの配信にて、お知らせのイベントが溜まりました。
1.「zoomレクチャー:世界の腰機 8回連続講座」7/2~
2.「シリアと周辺国の衣装」4/1~7/10
3.「テキスタイルアート・ミニアチュール 7 - 百花百宙 - 」6/25~7/3
4.「アイヌの装いとハレの日の着物 ―国立アイヌ民族博物館の開館によせて」6/26~8/9
5.「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」6/9 ~ 9/6
6.「イスラーム王朝とムスリムの世界」7/6~ 2022/2/20
7.「SUTOA:「People」6/2~ 7/19
8.「ゆかた 浴衣 YUKATA ―すずしさのデザイン、いまむかし-」6/29~ 7/19
9.「色覚を考える展 ~ヒトと動物の色世界」7/24~8/29
10.「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」7/1~9/28
 
 
「崩治国家」、「愚民途上国」、「衰退途上国」に暮らして、
『青い鳥』さがしの道は遠そうだけど、
すぐそこの<選挙>で「青い羽毛」ぐらい落ちてないものか・・・・。
 
ラオス南部カンボジア国境に近いメコン川に広がるコーンの滝の、ちょっと涼しくなる映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=97JDzAA7vLM 約5分
[NHKグレートネイチャー] ”幅10キロ!世界一の滝に巨大ナマズを見た!”のYouTube。
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「zoomレクチャー:世界の腰機 8回連続講座」7/2~
手織工房SOX主宰工藤いづみ氏の「世界の腰機レクチャー」8回連続講座がスタートします。
 
●.「世界の腰機レクチャー」8回連続講座」
・第1回目: 7月2日 19:00〜 (2回目以降、下記WEB参照の事)
・受講料:2200円 収益の一部を「田中忠三郎記念 腰機の会」の活動資金とさせていただきます。
・申し込みと詳細: https://kuzufu.net/cn50/pg3707294.html , http://kuzufu.net/cn50/pg3707294.htm
 
・主催: 大井川葛布工房
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「シリアと周辺国の衣装」4/1~7/10
展示期間が残り少なくなりました。是非どうぞ。
 
●「シリアと周辺国の衣装」
・4月1日(木)- 7月10日(土)10:00 - 17:00木・金・土・日曜日(現在日曜日は臨時休館中)
・岩立フォークテキスタイルミュージアム東京都目黒区自由が丘1-25-13岩立ビル3F
・入館料 500円
・https://iwatate-hiroko.com/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「テキスタイルアート・ミニアチュール 7 - 百花百宙 - 」6/25~7/3
20×20×20cmの限られた空間で展開される作品展です。
 
●.「テキスタイルアート・ミニアチュール 7 - 百花百宙 - 」
・6月25日(金) ~月3日(土) 11:00〜19:00最終日17:00
・Gallery 56102021東京都港区南青山5-6-10 5610番館
・ https://www.deska.jp/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「アイヌの装いとハレの日の着物 ―国立アイヌ民族博物館の開館によせて」6/26~8/9
北海道白老町・国立アイヌ民族博物館の1周年を迎えた記念展です。
 
●「アイヌの装いとハレの日の着物 ―国立アイヌ民族博物館の開館によせて」
・6月26日(土) ~8月9日(月) 10:00-18:00月休館
・渋谷区立松濤美術館 東京都渋谷区松濤 2-14-14
・入場料 一般 700円
・https://shoto-museum.jp/
 
アイヌの服飾品の展示を通じてアイヌ民族の服飾文化を2章構成で紹介いたします。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
5.「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」6/9 ~ 9/6
戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を社会的背景も参照し紐解いた世界初の大展覧会です。
 
●「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」
・6月9日(水) ~9月6日(月) 10:00- 18:00, 火休館
・国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
・入場料 一般 1700円
・https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/fij2020/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
6.「イスラーム王朝とムスリムの世界」7/6~ 2022/2/20
マレーシア・イスラーム美術館の全面協力にて実現した、特定の国家や地域によらない、
世界規模のイスラーム美術の展示会です。
 
●「イスラーム王朝とムスリムの世界」7/6 ~2022/2/20
・7月6日(火) ~ 2022年2月20日(日)  9:30-17:00月休館, 12/14・12/26-2022/1/1・1/4・1/11休館、
・東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
・入場料 一般 1000円、オンラインによる事前予約制
・https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2109#info
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
7.「SUTOA:「People」6/2~ 7/19
10cmほどの巾に裁断した布地を1点ずつ配列しデザインされて制作された服の展示会です。
 
●「SUTOA:People」
・6/2(水)〜7/19(月)10:00-18:00, 火休館
・国立新美術館B1F SFT Gallery 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1F
・入場無料
・https://www.souvenirfromtokyo.jp/gallery/2021#sutoa
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
8.「ゆかた 浴衣 YUKATA ―すずしさのデザイン、いまむかし-」6/29~ 7/19
泉屋博古館(京都)で開催されている前期・後期に渡った展示会の後期がスタートしました。
 
●「ゆかた 浴衣 YUKATA ―すずしさのデザイン、いまむかしー」
・6月29日(火)~ 7月19日(月)10:00~17:00、月休館
・泉屋博古館 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 月休館
・入館料一般800円
・https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
9.「色覚を考える展 ~ヒトと動物の色世界」7/24~8/29
個々の色覚で生きている地球上の動物、その色の世界が体験できる展覧会です。
 
●「色覚を考える展 ~ヒトと動物の色世界」
・7月24日(土)~8月29日(日)9:00~21:00、 月曜休み
・生活工房(3F) 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
・https://www.setagaya-ldc.net/program/516/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
10.「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」7/1~9/28
京都の染織技術で古墳時代から明治時代にわたる女性の服装を再現した展覧会です。
講演会、実演・ワークショップもあります。
 
●「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」
・7月15日(木)~9月28日(火) 10:00~16:30、日・祝休館
・文化学園服飾博物館 東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル 1階
・入館料 一般   ¥500
・https://museum.bunka.ac.jp/、https://www.fashion-kyoto.or.jp/orikyo/80th.html
 
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
ミアザTOPへ