MIASA  from/to  LAOS
いろいろな国、いろいろな価値観。そこで体験する感謝。一人や一つの国ではつまらない。
いろいろな人々と一緒に困難を楽しみ、新しい何かを生み出していきたい。
そんな想いがヒョンナ事からインドシナの国、ラオスの人々と始まりました。


ミアザショップ


製品市場

素材市場


知的市場
が語るラオス」は
「日本図書館協会選定図書」です。

染織ワークショップ

メルマガ
from MIASA
更新日
1/14 2022
イベント




ミアザ紹介

ラオス紹介


仲間リンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆    
お知らせ From MIASA
(
220114号, Vol +486)    ☆☆☆☆ 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+       これはミアザのメンバーに送信する            +
+         不定期発行のお知らせです。               +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の4点です。
1.「マイ・イマジネーション ― 創造は無限だ!」 ~2/23
2.「柚木沙弥郎 life・LIFE」 ~1/30
3.「文様のちから - 技法に託す」1/8~2/13
4.「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」1/15~4/10
 
 
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
さて新年、これからの生きる方向も考えさせてくれます。
『真っ当な「新しい資本主義」のすすめ』(約12分)
https://www.youtube.com/watch?v=AUMcCUvO4II
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「マイ・イマジネーション ― 創造は無限だ!」 ~2/23
発達障害を持つカナダ人アーティストたちのテキスタイルなど、作品約20点の展覧会です。
 
●「マイ・イマジネーション ― 創造は無限だ!」
・2021.12.06(月)~2022.02.23(水) 10:00〜17:30、休館:土・日・祝
・カナダ大使館高円宮記念ギャラリー 東京都港区赤坂7-3-38
・入場料無料
・ https://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/
 
先駆者であるジェーン・キャメロン(1949-2000)と共に、そのあとを継ぐ発達障害を持つカナダ人アーティストたちのテキスタイルなどの様々なアート
フォームの作品約20点が一堂に集まります。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「柚木沙弥郎 life・LIFE」 ~1/30
昨年より開催されている染色家&アーティスト・柚木沙弥郎氏の展示会です。
 
●「柚木沙弥郎 life・LIFE」
・2021.11.20(土)~2022.01.30(日) 木金土日10:00 〜 18:00
・PLAY! 東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
・入場料一般 1500円
・ https://play2020.jp/article/yunokisamiro/
 
1990年代から手掛ける愉快な絵本作品の原画約80点と、紙粘土と布で作られたユーモラスな約20点の人形たち、そして約50点の色とりどりの大きな布が織り
なすダイナミックな展示空間は、いずれも「くらし」と「人生」を全身で感じ、謳歌するものです。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「文様のちから - 技法に託す」1/8~2/13
文様とそれに最も適した技法の関係を、染織品などをとおして関係を探る展覧会です。
 
●「文様のちから - 技法に託す」
・1月8日(土)~2月13日(日) 10:00 〜 17:00、休館:月
・根津美術館 東京都港区南青山6-5-1
・入場料 一般1300円
・ http://www.nezu-muse.or.jp/
 
「文様から技法を探る」「技法から文様を探る」の二つのテーマを設け、染織品と共に陶磁器、漆工品、金工の作品を通して両者の関係に迫ります。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」1/15~4/10
シュルレアリスムがモードに与えた影響をテーマにした展覧会です。
 
●「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」
・2022.01.15(土)~2022.04.10(日) 10:00 〜 18:00、月・オンラインによる日時指定予約制
・東京都庭園美術館 東京都港区白金台5-21-9
・入場料一般 1400円
・ https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/220115-0410_ModeSurreal.ht
ml
 
現代の私たちからみた<奇想>をテーマに、16世紀の歴史的なファッションプレートからコンテンポラリーアートに至るまでを、幅広く展覧します。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆ 
前号: お知らせ From MIASA (211130号, Vol +485) ☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の4点です。
1.「公募  裂織:アート&クラフト  2021展」12/3〜12/7
2.「December Shop 12月ショップ」12/9~ 28
3.「144人のクリエイターと豊橋の職人がつくる百年前掛け展」12/9~ 2022/1/22
4.「第33回バスケタリー展」2021/6~2022前半
 
『TOKYO 2020』オリ・パラのエンブレム付きタクシー、気づけば減っていた。
夏のあのオリ・パラ、記憶は霧のように薄れ、巨額借金を残し・・・。
 
ラオス-魚たちの回廊フーサホン: ダム開発の招く危機 (by Mekong Watch, 約22分)
https://www.youtube.com/watch?v=olHWdybL7sw
メコン河からとれる豊かな魚がいろいろ出てきます。
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「公募  裂織:アート&クラフト  2021展」12/3〜12/7
’裂織の今研究会’主催の公募作品の裂織展です。
 
●「公募  裂織:アート&クラフト  2021展」
・12月3日(金)〜12月7日(火)10:00~18:00(最終日15:00迄)
・こくみん共済coopホール/スペース・ゼロギャラリー(全労済ホール)
東京都渋谷区代々木2丁目12-10
・ http://sakiori.sakura.ne.jp/
 
テーマは「生まれ変わる布たち」。使い古した布が蘇るアップサイクルです。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「December Shop 12月ショップ」12/9~ 28
インド伝統の手仕事によるテキスタイル展示会です。
 
●December Shop ディセンバー(12月)ショップ
・12月9日(木) - 12月28日(火) 11:00-19:00
・Gallery MADO 東京都杉並区西荻南3-5-13
・連絡先 モハマド シャリフ サル 090-6928-0657、indusvalleytextiles@gmail.com
 
幾多の天災人災を乗り越えて今日に生きるインドの伝統染織。
コロナが私たちの世界をすっかり変えても、彼らは変わらず暖かく優しく静かに微笑んでいます。
そんな布に触れて、元気をもらったり心を少し休めるのは如何でしょう。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「144人のクリエイターと豊橋の職人がつくる百年前掛け展」12/9~ 2022/1/22
伝統的な前掛け作りを続けてい豊橋の職人との協力にて開催です。
 
●「144人のクリエイターと豊橋の職人がつくる 百年前掛け」展
・12月9日(木)~2022年1月22日(土)  11:00-19:00、日・12/26-1/5休館
・クリエイションギャラリーG8 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
・ http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/maekake/maekake.html
 
144人のクリエイターの個性豊かなデザインを染め抜いた、オリジナルの前掛けをつくります。
有限会社エニシング(愛知県豊橋市)は、約100年前のTOYOTA製シャトル織機を使い、伝統的な技術を受け継ぎながら、厚くてしなやかな生地の”100年経っても使える”最高級の前掛けをつくり続けています。
なお、収益金は、セーブ・ザ・チルドレンに寄付します。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「第33回バスケタリー展」2021/6~2022前半
 
●「第33回バスケタリー展」
・下記ウェブ上で開催しています。
https://33rdbasketryexhibition.myportfolio.com/
 
作品の画像だけでなく、それぞれの制作の背景を紹介するデータも加えてあります。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
ミアザTOPへ