MIASA  from/to  LAOS
いろいろな国、いろいろな価値観。そこで体験する感謝。一人や一つの国ではつまらない。
いろいろな人々と一緒に困難を楽しみ、新しい何かを生み出していきたい。
そんな想いがヒョンナ事からインドシナの国、ラオスの人々と始まりました。


ミアザショップ



製品市場

素材市場


知的市場
が語るラオス」は
「日本図書館協会選定図書」になりました。

染織ワークショップ
次期第29回ワークショップUP
メルマガ
from MIASA
更新日
2/02. 2018
イベント




ミアザ紹介

ラオス紹介


仲間リンク

最新情報:
お知らせ From MIASA (180202号, Vol +430)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+          これはミアザのメンバーに送信する         +
+             不定期発行のお知らせです。          +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の1点です。
1.「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」 3/10
 
地球脱出先としては手が届きそうな、宙にぽっかりと浮かび出た2018年1月最終日の月、でした。
 
明日から第35回ラオス染織ワークショップワークに出発、15日に帰国します。
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」3/10
新たな場所で3月に開催する一日間だけの「Trial for Future」展。
4月~6月開催の前哨展、力を込めてをスタートします。
ホットなお飲み物(サービス)を用意し、皆様をお待ちします。
 
●「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」
・3月10日(土)11:00~17:30
・神楽坂プリュス2 〒162-0085東京都新宿区神楽坂6-58 RITZ神楽坂2F
東西線・神楽坂駅1番出口/大江戸線牛込化神楽坂A3出口より3分
・お問合せ/予約:ミアザ (木村都)  03-3470-5333, all@miasa.biz,
・詳細 http://miasa.world.coocan.jp/2nd-shop-top.html
 
≪特別展示即売≫ 何が出るか、お楽しみに!
≪ワークショップ - フェルトのピン・クッション≫
講師:よしだ ゆみ、¥2,000材料費込、12:00-16:00に随時参加可能。
1.5~2.0時間で直径6cmほどの針刺しが完成!
なお、事前お申込み者優先です。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆ 
前号: お知らせ From MIASA (170116号, Vol +429) ☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の4点です。
1.「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」3/10
2.「農民芸術―編まれた民具―」10/25~3/11
3.「牛尾卓巳 展」 1/9~2/28
4.「ちりめん細工の今昔」 1/23~4/8
 
2018年は、11ワンワン(2018≡2+0+1+8) の年との事。
「吠えるべきか、尾を振るべきか」それが問題?
 
遅ればせながら、今年もどうぞよろしく!
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」3/10
新たな場所で、3月に一日間だけの展示会を開催します。
「Trial for Future」展、ちょっと覘きにいらっしゃいませんか?
詳細は、順次お知らせいたします。
 
●「【2週目ミアザ@神楽坂】Trial for Future」
・3月10日(土)11:00~17:30
・神楽坂プリュス 〒162-0085東京都新宿区神楽坂6-58 RITZ神楽坂2F
東西線・神楽坂駅1番出口/大江戸線牛込化神楽坂A3出口より3分
・特別展示即売とワークショップ
ホットな飲み物(サービス)を用意し、お待ちしています。
・http://miasa.world.coocan.jp/2nd-shop-top.html
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「農民芸術―編まれた民具―」10/25~3/11
農村の暮らしの中で使われてきた「編んで作られた」民具についての展示会です。
 
●「農民芸術―編まれた民具―」
・2017年10月25日(水)~3月11日(日)10:00~16:30、休館:月(祝日の場合火)・月末最終火
・東京農業大学「食と農」の博物館1階企画展示室A  東京都世田谷区上用賀2-4-28
・入館料無料
・http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/exhibits/19004/
 
藁をはじめ菅や藺草などで「編んで作られた」民具には神が宿るともいわれ、信仰や農耕儀礼と深く関わるものでもあった。
しかし民具は、何れ捨てられる運命だった。
最先端技術が導入された農業が展開する中、地域創成や農村の再生とは何なのか。
本展では、民具の中から特に「編まれた」民具をとおして考えてみたい。
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「牛尾卓巳 展」 1/9~2/28
繊維素材「布」を使った作品展です。
 
●「牛尾卓巳 展」
・1月9日(火)~2月28日(水)12:00~20:00
・紀尾井タワー2F オフィスエントランス
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー18F
・観覧:無料
・http://www.tgt-kioicho.jp/event/details/evnt65.html
 
「衣」をコンセプトにフェルトによる生物の形を制作した作品の数々をご覧いただけます。
羊毛の縮絨がもたらす凝縮された皮のような肌合いや織の実在感は同時に空虚も感じさせる不思議な空間を造り出します。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「ちりめん細工の今昔」 1/23~4/8
縮緬の裂(きれ)を縫い合わせた「ちりめん細工」展です。
 
●「ちりめん細工の今昔」
・1月23日(火)~4月8日(日)午前10時~午後6時、休館:月
・たばこと塩の博物館 2階特別展示室、 東京都墨田区横川 1-16-3
・入館料 一般・大学生 300円
・https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html
 
縮緬(ちりめん)の着物や帯の残り裂(きれ)を縫い合わせ制作された、袋物や玩具、飾り物などのお細工物が「ちりめん細工」です。
古い作品の収集や新しい作品の考案等を通して、日本を代表する「ちりめん細工」コレクション展です。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
ミアザTOPへ