MIASA  from/to  LAOS
いろいろな国、いろいろな価値観。そこで体験する感謝。一人や一つの国ではつまらない。
いろいろな人々と一緒に困難を楽しみ、新しい何かを生み出していきたい。
そんな想いがヒョンナ事からインドシナの国、ラオスの人々と始まりました。


ミアザショップ



製品市場

素材市場


知的市場
が語るラオス」は
「日本図書館協会選定図書」になりました。

染織ワークショップ
次期第29回ワークショップUP
メルマガ
from MIASA
更新日
7/22. 2017
イベント




ミアザ紹介

ラオス紹介


仲間リンク

最新情報:
お知らせ From MIASA (170722号, Vol +420)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+              これはミアザのメンバーに送信する                       +
+                    不定期発行のお知らせです。                          +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の5点です。
1.「【2週目ミアザ】9月の手仕事展」9/7~9
2.「2週目ミアザ・2017年後期スケジュール」
3.「こども×おとな工芸館 調度❤ハッピーのかたち展」7/4~9/3
4.「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」7/5~10/23
5.「「高地に暮らす人々の毛織物」8/3~11/11
 
開会式は7月24日らしい。
2日後ではなく、3年後の話しだけど・・・。
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「【2週目ミアザ】9月の手仕事展」9/7~9
後期は9月から下記内容にてスタートします。
* 2週目ミアザでは売上げの10%を震災支援活動への寄付に充てています*
 
●「【2週目ミアザ】9月の手仕事展」
・9月7日(火)~9日(土) 12:00~19:00 (最終日17:30まで)
・TEORIYA 東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル2F
  TEL・FAX (03)3294-3903
・お問合せ/予約:ミアザ (木村都)  03-3470-5333, all@miasa.biz,
・詳細 http://miasa.world.coocan.jp/2nd-shop-top.html
 
≪2F会場:展示即売展≫
暑さが退場した後でも身近に欲しい、ウエア・小物、手仕事に必須な、糸・布・道具など。
 
≪4・5階会場:ワークショップ≫:お申込み、お待ちしています。
■ラオス・クム族の葛糸づくり 7(木)13:30-15:30、¥3500材料込 10名、前川佐知
*葛糸作りのスライド報告会の後は、ラオスの葛を使って実際に糸を績んでみましょう。
 
■墨でストールを染める 7(木) 13:00-16:00、¥5000材料込、8名、石原実
*墨の濃淡を味わいながら染めます。
 
■布の話 8(金)13:30-15:30、¥1500資料込、10名、多田米子
*「布の話」の3回目は、心に残った布と、想い出を語ります。
 
■初めての組紐9(土) 13:00-16:00¥2500材料込、8名、藤田咲子
*「組ひもディスク」を使って、様々な柄や色のオリジナルの組紐を作りましょう。
 
■染織の旅のラオス語-a 9(土)10:30-11:30、¥1500資料・お茶付、8名、Souvanphenge
Larsoukanh
*ラオスに行くならコレ!必ず直ぐに役立つ、いつからでも参加OK!
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「2週目ミアザ・2017年後期スケジュール」
2017年後期・9~12月のスケジュールが決まりました。
是非、予定表にご記入ください。
 
なお、「2週目ミアザ@TEORIYA」は今期で終了します。
来年は神楽坂にて、改めて開催を予定しています。
詳細が決まりましたら、お知らせします。
 
◆9月の手仕事展 9・7(木)〜9(土)
2週目ミアザ・最終スパートに向け後期がスタートします。
<ワークショップ・レクチャー >
7木・ラオス・クム族の葛糸づくり 13:30-15:30, ¥3500材料込、10名、前川佐知
7木・墨でストールを染める 13:00-16:00、¥5000材料込、8名、石原実
8金・布の話 13:30-15:30, ¥1500資料込, 10名、多田米子
9土・初めての組紐13:00-16:00、¥2500材料込、8名、藤田咲子
9土・染織の旅のラオス語-a  10:30-11:30、¥1500資料・お茶付(*)、8名、Souvanphenge
Larsoukanh
 
◆10月の手仕事展 10・12(木)〜14(土)
秋の陽を浴びた、手仕事から生まれた暖かさをお届けします。
<ワークショップ・レクチャー >
12木・創造のバスケタリー  10:30-17:00、¥5000材料込、8名、本間一恵
12木・染めシリーズ 13:00-16:00、¥5000材料込、8名、石原実
13金・初めての腰機-段染め糸で織る模様10:30‐16:30、¥5000材料費、6名、工藤いづみ
13金・フェルトのルームシューズー13:00-16:30、¥3000 +材料費¥4000、8名、木村素子
14土・新聞で作るぬくもりエコバッグ 13:00-15:30、¥3300、10名、白戸啓子
14土・染織の旅のラオス語-b  10:30-11:30、¥1500資料・お茶付(*)、8名、Souvanphenge
Larsoukanh
 
◆11月の手仕事展 11・9(木)〜10(土)
優しく暖かく身に着けたい、手仕事から生まれた品々がいっぱいです。
<ワークショップ・レクチャー >
9木 ・初めての漆-ヌリヌリ大実験 11:00-16:00、¥6000材料込、8名、中村真
9木・染めシリーズ 13:00-16:00、 ¥5000材料込、8名、石原実
10金・初めてのボジャギ13:00-17:00、¥5000材旅込、8名、全英民
11土・キリムの技法 11:00-16:30、¥6000材料込+枠代、8名、矢野ゆう子
11土・染織の旅のラオス語-c  10:30-11:30、¥1500資料・お茶付(*)、8名、Souvanphenge
Larsoukanh
 
◆12月の手仕事展 12・5(火)〜9(土)
「2週目ミアザ、さようなら」の最終バザール展です。
<ワークショップ・レクチャー >
6火・ 腰機報告会 13:30-16:00,  ¥3000資料・お茶菓子付き、15人, 工藤いづみ
6火・かぎ針で作る編みぐるみ 13:00-17:00、 ¥5000材料込、 8名、金杉さつき
7水・初めての針仕事―ボレロ 10:30-16:00、¥5000、6名、高田由紀
8木・始めてのプライ・スプリット10:30-16:30、¥5000材料込、10名、雨森浩子
8木・染めシリーズ 13:00-16:00、¥5000材料込、8名、石原実
9金 ・腰機 10:30-16:30、¥6000材料費込、6名、工藤いづみ
10土・フェルト・テクニック13:00-16:00, ¥5000, 6名、よしだゆみ
10土・染織の旅のラオス語-d 10:30-11:30、¥1500資料・お茶付(*)、8名、Souvanphenge
Larsoukanh
*『お茶しながらのラオス語』a~d :全参加の場合、受講料5,000円(通常6,000円)となります。
 
・問合せ・WS申込み:ミアザ・木村都 all@miasa.biz, TEL/FAX 03-3470-5333
・参照・詳細 http://miasa.world.coocan.jp/2nd-shop-top.html
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「こども×おとな工芸館 調度❤ハッピーのかたち展」7/4~9/3
こどもたちと一緒に楽しむ工芸展、様々なイベントもあります。
 
●「こども×おとな工芸館 調度❤ハッピーのかたち展」
・7月4日(火)-9月3日(日)10:00 - 17:00、月曜休館
・東京国立近代美術館工芸館
・ 一般250円、  大学生130円
・http://www.momat.go.jp/cg/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」7/5~10/23
ASEAN設立50周年記念の美術展、国立新美術館と森美術館で同時に開催しています。
 
●「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
・7月5日(水)~10月23日(月
・国立新美術館、森美術館 (2館同時開催)
   - 国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
    10:00~18:00、火曜休館
- 森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階)
    10:00~22:00、会期中無休
・観覧料:2館共通 一般1,800円 大学生800円
               単館 一般1,000円 大学生500円
・http://sunshower2017.jp/
 
東南アジアの現代美術1980年代から現在まで、ASEAN10カ国・86組のアーティスト、計約180点の作品を展示。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
5.「「高地に暮らす人々の毛織物」8/3~11/11
毛織物やフェルトの衣装や帽子などを紹介しています。
 
●「高地に暮らす人々の毛織物 - 中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部」
 
・8月3日-11月11日の木・金・土曜日、 10:00 - 17:00
・岩立フォーク テキスタイル ミュージアム
    東京都目黒区自由が丘1-25-13岩立ビル3F、 03-3718-2461
・入館料 ¥500
・http://iwatate-hiroko.com/index.html
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆ 
前号: お知らせ From MIASA (170626号, Vol +419) ☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の4点です。
1.「2週目ミアザ展・2017年前期報告」
2.「世界の絞り展」6/9~9/4
3.「NO PROBLEM 展 - To “B”, or not to “B”」6/20~7/17
4.「料紙のよそおい」6/24~7/30
 
下記言葉、御存じでしたか?
<アベっちゃう>
平然とウソを言うこと。言行不一致で傲慢かつ反省をしないこと。
『快新語辞典』より
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.「2週目ミアザ展・2017年前期報告」
 
『2週目ミアザ』今年前期が6月展にて終了しました。
8年目を迎えた今年で終了となりますが、様々な出会いがあり、手仕事の仲間も広がり、さまざまな方の協力を心から感謝しています。
 
さて、3・11の翌月2011年4月から売上げの10%を震災支援活動の寄付に充てていますが、今期は下記にて寄付しました。
 
    ・寄付金額:150,000円
    ・寄付先:日本国際ボランティアセンター(JVC)の「大震災被災地支援」活動へ
    ・参照HP: http://homepage2.nifty.com/miasa/2nd-shop-top.html
 
2011年3・11直後の4月より始めた震災復興支援寄付金の総額は 3,399,751円になりました。
皆様のご協力、本当にありがとうございます。
また、後期もよろしくお願いいたします。
 
なお、7・8月は夏期休み、後期は「9月の仕事展:9月7日(木)~9日(土)」からスタートします。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「世界の絞り展」6/9~9/4
絞り染めの展示会、ギャラリートークもあります。
 
●「世界の絞り」
・6月9日(金)~9月4日(月) 10:00~16:30、休館 日・祝・8/11~20
・文化学園服飾博物館
東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F、Tel 03-3299-2387
・入館料    一般500円
・http://museum.bunka.ac.jp/exhibition/
 
江戸後期から昭和時代までの絹と木綿の着物、アジアやアフリカの民族衣装、古代インカの裂など、約25か国、130点あまりの多彩な絞りの美とその技法を紹介します。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「NO PROBLEM 展 - To “B”, or not to “B”」6/20~7/17
日用品のB品を、No Problemの価値観で考える展覧会です。
 
●「NO PROBLEM展 To “B”, or not to “B”」
・6月20日(火) - 7月17日(月・祝) 11:00~20:00
・GOOD DESIGN Marunouchi 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
・無料
・http://www.g-mark.org/gdm/exhibition.html
 
「B品」について、VISION GLASSを製造するインド・ムンバイのBOROSIL社、また、10の日本のメーカー、企画デザイン会社、卸問屋に取材を行なった成果を展示・紹介します。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
4.「料紙のよそおい」6/24~7/30
様々な、書くための紙「料紙」についての展示会です。
 
●「料紙のよそおい」
・6月24日[土]―7月30日[日]、10:00~17:00、休館:月、7/18
・五島美術館 〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25、 03-5777-8600
・入館料     一般1000円/高・大学生700円/中学生以下無料
・http://www.gotoh-museum.or.jp/ (Japanese)
 
書を魅せるため、また信仰の証しとして、様々な技術が施された紙の多彩なよそおいを展示します。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ミアザTOPへ