MIASA  from/to  LAOS
いろいろな国、いろいろな価値観。そこで体験する感謝。一人や一つの国ではつまらない。
いろいろな人々と一緒に困難を楽しみ、新しい何かを生み出していきたい。
そんな想いがヒョンナ事からインドシナの国、ラオスの人々と始まりました。


ミアザショップ



製品市場

素材市場


知的市場
が語るラオス」は
「日本図書館協会選定図書」になりました。

染織ワークショップ
次期第29回ワークショップUP
メルマガ
from MIASA
更新日
1/31. 2019
イベント




ミアザ紹介

ラオス紹介


仲間リンク

最新情報:
お知らせ From MIASA (180131号, Vol +446)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+      これはミアザのメンバーに送信する         +
+         不定期発行のお知らせです。              +
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の3点です。
1.2019年【2週目ミアザ】展について
2.「タータン -伝統と革新のデザイン- 展」~2/17
3.「講演会『ラックで染める』」3/2
 
明日2月1日、第37回<東北&北タイ染織の旅>に出発します。
しばし、悪態をはかずに、愉快な日々が過ごせそうです。
 
ウラヤマシーイ!?
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.2019年【2週目ミアザ】展について
今年2019年の【2週目ミアザ】は4月から飯田橋にてスタートです。
10年目を迎えた今年は、『素材』を主テーマに展示・ワークショップを展開していきます。
 
開催概要は下記となっています。
・開催場所::ii-BRIDGE 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-7-4
・開催時期:下記にて前期・後期に分け年に4回開催します。
前期
4月9日(火)~13日(土)5日間 「素材-綿」
6月4日(火)~8日(土)5日間 「素材-麻・葛・植物繊維」
後期
10月8日(火)~12日(土)5日間 「シルク」
12月10日(火)~14日(土)5日間 「ウール・色々な糸」
 
開催詳細はホームページ、メルマガ、DMなどで追ってお知らせします。
「2週目ミアザ@ii-BRIDGE飯田橋」からの新たなスタート、是非御期待下さい。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「タータン -伝統と革新のデザイン- 展」~2/17
様々な視点からタータンの意味や魅力をテーマにした展覧会です。
 
●「タータン - 伝統と革新のデザイン -展」
・12月29日(土) 10:00~20:00、月曜休館
・三鷹市美術ギャラリー 東京都三鷹市下連雀3-35-1 コラル 5F
JR三鷹駅南口より徒歩1分
・入場料 一般 800円、65歳以上・大学生・高校生 500円
・http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/event/20181208/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「講演会『ラックで染める』」3/2
ラック研究会が主催する第3回講演会。
研究ポスター、ラック染め製品、試作品の展示などもあります。
 
●「講演会『ラックで染める』」
・3月2日(土)13:00〜17:00
・場所:京都府立大学下鴨キャンパス内 稲盛記念会館 104講義室
(京都市左京区下鴨半木町1-5 地下鉄烏丸線「北山」駅徒歩6分)
・講演者:
城崎 英明:金沢美術工芸大学元教授「ラック四方山話」
久保 淳子:ブータンゆっくり勉強会「ヤクランド」主宰
「旅で出会ったラック:インド・メガラヤ州を中心に」
青木 正明:天然色工房tezomeya主宰「カイガラムシ由来顔料制作の実践と考察」
北川 美穂:京都府立大学大学院共同研究員「ラック色素をどう使うか」
・入場無料 (定員200名)
・問合せ lacstudggroup@kpu.ac.jp
・ https://www.facebook.com/events/376275566509325/
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆ 
前号: お知らせ From MIASA (180114号, Vol +445) ☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メンバーの皆様、
さて、今回のお知らせは下記の3点です。
1.2019年【2週目ミアザ】展について
2.「華やぐ着物 - 大正、昭和の文様表現 -展」~2/16
3.「なつかしの道具たち展」~4/14
 
『イノシシと、嘘つきアベ君と仲間たち』のお話し、デス。
「イノシシが突進して来たー!」と、アベ君と仲間たちは何度も嘘を叫んで、
おどろく人達を見て、大笑いしていました。
ところが、本当に「イノシシ」が突進して現れました。
今となっては誰も信じず、猛ダッシュのイノシシの牙に刺されて、
嘘つきアベ君と仲間たちは、みんな息絶えてしまいました、トサ。
 
『イノシシ』年、早くも半月が過ぎますね。
今年も、よろしく!
 
〓START〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.2019年【2週目ミアザ】展について
新年2019年は飯田橋のii-BRIDGEにて、『2週目ミアザ@ii-BRIDGE飯田橋』として開催していきます
10年目を迎え、2019年の展示・ワークショップの主テーマを『素材』とし、開催月毎に展開していく予定です。
 
開催概要は下記となっています。
・開催場所::ii-BRIDGE 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-7-4
・開催時期:年に4回、前期(4月・6月の2週目)、後期(10月・12月の2週目)に開催。
前期 4月9日(火)~13日(土)5日間 「素材-綿」
6月4日(火)~8日(土)5日間 「素材-麻・葛・植物繊維」
後期 10月8日(火)~12日(土)5日間 「シルク」
12月10日(火)~14日(土)5日間 「ウール・色々な糸」
 
開催詳細はホームページ、メルマガ、DMなどで追ってお知らせします。
「2週目ミアザ@ii-BRIDGE飯田橋」からの新たなスタート、是非御期待下さい。
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.「華やぐ着物 - 大正、昭和の文様表現 -展」~2/16
大正から昭和を彩った数々の着物が紹介されています。
 
●「華やぐ着物 - 大正、昭和の文様表現 -展」
・2018年12月20日(木) ~2月16日(土) 10:00- 16:30、日・祝祭日休館
・文化学園服飾博物館 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F
・入場料:一般 500円
・http://museum.bunka.ac.jp/
 
〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓≫〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
3.「なつかしの道具たち展」~4/14
谷内六郎が描いた『週刊新潮』表紙のから、道具や電化製品を描いたもの、そして実際の電話機、ラジオ、録音機などの道具たちが展示されています。
 
●「なつかしの道具たち展」
・2018年12月22日(土)~4月14日(日) 10:00- 18:00 、毎月第1月曜日休館
・ 横須賀美術館 神奈川県横須賀市鴨居4-1
・入場料:一般 310円、高校生・大学生・65歳以上 210円
・http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/taniuchi/tani1804.html (Japanese)
 
今では目にすることが稀となった、さまざまな身のまわりのものたちが描かれた作品をあつめました。
横須賀市立自然・人文博物館が所蔵する民俗資料のなかから、谷内作品に登場しそうな、電話機、ラジオ、録音機などの道具たちをあわせて展示しています。
 
〓〓〓〓〓END〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
ミアザTOPへ